冬と違う?夏の正しいお肌のお手入れ方法は

夏は冬に比べて乾燥などもないので簡単に済ませがちですが実は強い紫外線や汗、皮脂また冷房による温度差などで肌に強いダメージを与えやすいのできちんと正しいケアの仕方を知り実践することが大切です。まずメイクオフする時にはいきなり洗顔するのではなくその前にクレンジングを使うようにしこの時擦り過ぎない、時間を掛け過ぎないように注意します。また皮脂をとりすぎることはよくないのでさっぱり感が得れるジェルタイプを選ぶのが最適であり好みでミルクタイプやクリームタイプでもよいのですがやはり夏だとベタつきが気になる方もいるでしょうしまたオイル系にしても刺激が強く肌への負担が気になるので避けた方が無難です。
スポンサーリンク

冬と違う?夏の正しいお肌のお手入れ方法は【洗顔は固形石鹸】

引用元:http://nikibi-bye.net/wp-content/uploads/2014/03/%E6%B4%97%E9%A1%94%E7%9F%B3%E3%81%91%E3%82%93.png

洗顔というと洗顔フォームの方が手軽に使えるので選択しがちですが夏は皮脂が多くなり汗汚れもしやすくなってくるので洗浄力の豊かな固形石鹸を使うことの方が良くまた洗顔フォームだと汚れだけではなく残すべき皮脂も落としてしまい逆に皮脂の分泌量に影響してしいます。皮脂は懸念しがちですが多少の量は肌にとっては必要で落としすぎることによりかえって皮脂を分泌させてしまうという悪循環がおこってしまうのでそうならない為にも成分に「石鹸素地」と明記されている昔ながらの製法で作られた固形石鹸を選んで使うようにし、また天然由来成分だと肌に優しいのでさらにオススメです。洗い方はしっかりと泡立てたっぷりの泡でごしごしするのではなく優しく汚れを落とすイメージで洗顔します。

冬と違う?夏の正しいお肌のお手入れ方法は【化粧水・乳液・美容液】

引用元:https://zen-no-yu.com/wp-content/uploads/2017/10/w1-1024×689.jpg

洗顔のあとはまず化粧水を付けますが夏の紫外線を浴びることにより影響するシミ・そばかすの原因となるメラニン色素を抑えるために夏用の美白化粧水を選ぶようにしあればコットンを使い優しくパッティングしていきます。化粧水が終われば次に乳液を使いますが夏は特にベタつきが気になり避けたいかもですが肌に入れた化粧水が蒸発せず保水させるためには乳液で肌に蓋をしてあげることが大切になるのでやはり必要です。乳液は馴染みやすいように手にとり人肌に温めたあとに薄く丁寧に伸ばしてのせていきます。夏はクリームを顔中ベタベタに塗ることにより毛穴詰まりや肌の調子を左右させてしまうので避けてください。

冬と違う?夏の正しいお肌のお手入れ方法は【ピーリングで】

引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/skincares/20160909/20160909115654.jpg

ピーリングをすることをオススメするのですがそもそもピーリングとはなにかというと角質ケアのひとつであり表面の古い角質を溶かし取り除きツルツルの肌へと導くことです。ピーリングに使用する製品はドラッグストアなどで手軽に購入し自宅で行うことができますがさまざまな種類や成分があるので自分に合ったものをしっかりと見極め選ぶようにします。肌に負担をかけてしまうこともあるので使用前には説明書をしっかりと読むなど注意をするようにします。ピーリングの効果をより高めるために「ホットタオル」を使用することがオススメでそうすることで毛穴をしっかり開かせ毛穴ケアがしっかりできます。

冬と違う?夏の正しいお肌のお手入れ方法は【まとめ】


夏の紫外線などから受ける肌への負担は考えていた以上にとても高いことが理解できたのではないでしょうか。肌へのケアというと乾燥が気になる冬に徹底的に行い夏は簡単に済ましても大丈夫だということではなく、実はそれと同じぐらい夏のケアが大切だということが分かり驚いた方も多いです。逆に夏のケアを怠ることにより冬のケアの意味が軽減されます。肌への老化、劣化を防ぐためにはその季節に合ったもの選び正しいやり方を知りケアすることが大切ですので一年中気を抜かず取り組むことによりいつまでも若々しくキレイな肌を手に入れることができます。まさに美とは努力です。
スポンサーリンク