大晦日に除夜の鐘をならすのはなぜ?意味と由来をご紹介

子供の頃は一年がとても長く感じたのに、大人になると一年ってあっという間に過ぎてしまう気がします。不思議ですよね。大人になると時間の感じ方が早くなるように感じる現象には代謝や心理的な時間の感じ方が関係しているみたいです。12月31日は1年の最後の日。大晦日と呼ばれ、年越しそばを食べたり、除夜の鐘が鳴ったりしますよね。大晦日の意味や、除夜の鐘の由来について、今回はまとめてみました。
スポンサーリンク


引用元:https://www.akazake.com/wp-content/uploads/2009/10/1231toshikoshisoba.jpg

12月31日が大晦日とよばれる理由

大晦日は新暦のグレゴリオ暦で12月31日のことです。一年の最後の日になります。大晦日は大つごもりとも呼ばれるようです。旧暦の天保暦では、新月をおよそ1日、満月をおよそ15日、そしてまた新月を30日としていたので「月が隠れる」ということから大つごもりと呼ばれたそうです。旧暦の天保暦では、毎月の最終日のことを晦日と言い、一年の最後である12月の晦日を大晦日といいました。おおみそかの「みそ」というのは元々は三十から来ているようです。

引用元:https://pds.exblog.jp/pds/1/201112/31/40/d0171740_17442614.jpg

日本の大晦日での風習は

日本では、歳神様、歳徳様への信仰から、歳徳様を迎えたり食事を共にする準備をするために大晦日には年篭りをして元旦にそなえ家で家族と過ごす風習がありました。歳徳様は各家庭に訪れ、その年の幸福や利益を司る神として正月様ともよばれます。その年によって歳徳様が来られる方角は異なり、歳徳様が来られる方角がその年の恵方となります。歳徳様を迎えるために大晦日は一晩中起きている習わしもあったようです。しかし、後に歳徳様が各家庭に訪れるという考えは次第になくなり、その代わりに正月三が日には神社に初詣に行くという風習に変わっていきました。

引用元:http://trivia-japan.net/wp-content/uploads/2017/10/oomisoka_title.png

除夜の鐘の意味は?

大晦日の行事として外せないのは除夜の鐘。除夜の鐘とは一年の最終日、12月31日の大晦日に深夜0時をはさんでつく鐘のことをいいます。除夜の鐘を鳴らしながら1月1日を迎えます。除夜とは除日の夜のことで、年越しの夜という意味です。

引用元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/6/6a/Osuzyoyanokane.jpg

除夜の鐘はなぜ108回ならすのでしょう

人間には108の煩悩があるとされています。その108の煩悩を取り払うために大晦日に煩悩と同じ数だけ鐘をならすというのが一番有力な説です。ですが、煩悩の数は信仰により異なり、実際にはたくさんという意味で108回にされているそうです。煩悩とは人間の心身の苦しみを生み出し心を惑わす精神の働きのことや、人間の欲望や怒りのことをいいます。ですが、寺院によって200回以上除夜の鐘をならすところもあるようです。

引用元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img.mikle.jp/2408034/0/w0WT1som_original.jpeg

大晦日に年越しそばを食べる日本の文化

一般家庭で現在も行われる行事として一番身近なものは年越しそばではないでしょうか。江戸時代には、三十日蕎麦(みそかそば)といい晦日にそばを食べる風習があったそうで、年越しそばの文化もそこから始まりました。年越しそばと呼ばれるようになったのは明治時代になってからだそうです。そばは切れやすいことからその年の悪いことを断ち切るという意味や、長く伸ばし細く切ってそばを作ることから健康長寿の意味で始まったようです。年越しそばを残してしまうと新年はお金に恵まれないという言い伝えもあるようです。年越しそばといえば、大晦日の夜に食べる家庭が多いと思いますが、一部地域では元旦に食べるところもあるようです。

引用元:https://img.dmenumedia.jp/mamatenna/wp-content/uploads/2017/12/mmt171216_4_600.jpg

大晦日に除夜の鐘をならすのはなぜ?意味と由来をご紹介【まとめ】

日本では大晦日に歳徳様を迎える信仰があったんですね。節分には恵方を向いて太巻きを食べる恵方巻きという文化がありますが、その恵方が歳徳様が来られる方角というのも調べてみて初めて知ったことでした。除夜の鐘や年越しそばにもきちんと意味があり、それを知ることで大晦日について少し感じ方が変わりますよね。時代と共に形を変えつつも古くからある風習である大晦日に行われる文化は、この先も変化をしていくことでしょう。

引用元:https://dzdih2euft5nz.cloudfront.net/journals/covers/577.png?1514424426

スポンサーリンク