最近注目の健康!亜鉛が身体にもたらすもの

亜鉛とは?

引用元:http://dai-ichi1.xsrv.jp/swfu/d/auto_DfiNEe.jpg

亜鉛は、体内に約2000mg存在し、主に骨格筋、骨、皮膚、肝臓、脳、腎臓などにある成分です。タンパク質の合成に関わる酵素の材料として使われます。人間の身体が必要とする必須ミネラル16種類に含まれますが、体内で作り出すことができないため、食事から摂取する必要があります。
スポンサーリンク

亜鉛の働き

引用元:https://kenko-chokin.com/wp-content/uploads/2017/12/cbdcbba1a418ec3bd371a4dde2dd2db4.jpg

亜鉛には、新陳代謝やエネルギー代謝、免疫反応など、体内のさまざまな働きをサポートして正常に保つ役目を持っています。

味覚を正常に保つ

引用元:https://volstar-official.jp/wp-content/uploads/2018/12/11_7.png

舌にある「味蕾(みらい)」という受容器官で私たちは味覚を感じ取ります。亜鉛はこの味蕾の中の味細胞において、重要な働きを占めています。味細胞は、短期間で細胞を次々と生まれ変わらせているため、材料となる亜鉛を常に必要としています。亜鉛を十分に補うことで、味蕾の働きを保つことが可能です。

抗酸化作用

引用元:http://labo.kyoto-phu.ac.jp/taisya/11111png.png

亜鉛は体内のビタミンAの代謝を促します。ビタミンAの抗酸化作用の活性化を促し、過酸化脂質の害を防ぐことで、アンチエイジングや生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

免疫力向上

引用元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRyfmyx56knpgW–ipih4FKb-a2Ul0PNr8XWQBBM6KvOCVB-ACr

亜鉛が十分にあると風邪や感染症にかかりにくくなります。粘膜を保護するビタミンAを体の中にとどめる効果があり、のどの痛みや鼻水、鼻づまりなどの症状わ緩和してくれます。病気を引き起こす最近を攻撃する白血球にも亜鉛が含まれているので、傷や病気の早期回復にも、亜鉛は必要とされています。

成長、発育

引用元:http://www.sangakuplaza.jp/img/df04.png

タンパク質と合わせて亜鉛を摂取することで、全身の新陳代謝がより活性化されます。新陳代謝が活発な時期に亜鉛は必要量が増加するので、特に成長期の子どもには過不足なく亜鉛を摂取することが必要です。

生殖機能の改善

引用元:https://spolabo.com/file/parts/I0002759/96b6be2f825e0d480770921b7e17160e.jpg

男性の前立腺、精子に亜鉛は多く存在します。精子の形成には必ず必要とされ、生殖機能の改善に役立ちます。

うつ状態の緩和

引用元:http://www.inship.jp/special/1807/img/03/006.jpg

感情のコントロールや、記憶力を保つには神経伝達物質が正常に作られ、働く必要があります。うつ状態は、脳の機能が低下し、神経細胞の刺激伝達がスムーズにいかないことが原因と考えられています。この神経伝達物質を作るために必要なのが亜鉛です。亜鉛が体内に十分あることで、精神安定や脳の機能を高め、うつ状態の緩和に効果があると考えられています。

亜鉛を多く含む食品とは?

引用元:http://blog.sophiawoodsinstitute.com/wp/wp-content/uploads/2014/08/11d1fd163ea2347c0d865c576895c6fb.jpg

①牡蠣:13.2mg
②豚肉(レバー):6.9mg
③ほや:5.3mg
④牛肉(肩):4.9mg
⑤かに缶:4.7mg
⑥牛肉(肩ロース):4.6mg
⑦牛ひき肉:4.3mg
⑧牛肉(尾):4.3mg
⑨たいらがい:4.3mg
⑩牛肉(ひれ)4.2mg
亜鉛の腸管吸収率は、約30%です。亜鉛の吸収率を上げるために、ビタミンCを多く含む食品と同時に摂取してみましょう。レモンやかぼす、ゆずなどの柑橘類を添えることもおすすめです。

亜鉛を摂りすぎるのは良くない?

引用元:https://mens-ikumo.com/wp-content/uploads/2017/01/aenhage012.png

亜鉛の毒性は極めて低いため、食品からの適正量であれば、副作用が発生することはありません。サプリメントや亜鉛強化食品などで1日2g以上摂取した場合、急性中毒を発症して悪心、嘔吐、食欲不振、下痢などが起こる場合があります。摂取耐用上限量を超えた量を慢性的に摂取していると、同じく必須ミネラルである鉄や銅の体内への吸収を阻害する場合があります。貧血や免疫機能の低下、代謝異常を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。過剰摂取は、泌尿器、生殖器系などにも悪影響を及ぼす可能性もあります。サプリメントで亜鉛を摂取するときには、食品で不足している分を補う程度にとどめ、過剰摂取とならないよう注意が必要です。

最近注目の健康!亜鉛が身体にもたらすもの【最後に】


亜鉛には、さまざまな嬉しい効果があります。些細な不調でも、亜鉛を意識して摂取することで、改善できるかもしれません。適正量を守り、体のメンテナンスに役立ててください。
スポンサーリンク