2019年西日本秋の紅葉おすすめスポット10選

①天龍寺

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話:075-881-1235

例年の色づき始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬~12月上旬

京都市内の観光スポットでメジャーである嵯峨野嵐山地区の一番西に位置している天龍寺の曹源池庭園の紅葉は世界遺産に認定登録されていて680年前から変わらぬ姿が存在しています。一定の期間の間は早朝参拝ができ朝の景色は美しいだけでなく混雑もしていないないので特にゆっくり観賞できてオススメです。また曹源池庭園西の「紅葉のトンネル」は世界遺産の貫禄をも感じ美しく絶景な紅葉スポットです。お堂の甍(いらか)と赤々とした紅葉のカエデとのコントラスト、曹源池を縁取る紅葉、水面に写し出される紅葉、静かに流れる水の音である自然なBGM、嵐山を借景としている等、最高の条件が揃っている秋の庭園なのでこの場所だけで様々な紅葉風景に出会えるので満足し見応えが充分あります。

②洛北(圓光寺)の紅葉

住所:京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
電話:075-781-8025 

例年の色づき始め 11月初旬
例年の紅葉見頃 11月中旬~12月上旬

境内山上から眼下に彩り鮮やかな紅葉だけでなく遠くの北山や嵐山の眺望も楽しめます。 一乗寺にある紅葉名所のひとつで江戸時代の作庭ともされる池泉回遊式庭園は「十牛之庭」と呼ばれ特に秋が深まる紅葉時にはと赤や黄に色づいたカエデが鮮やかに庭園を彩り美観を演出し、また太陽の光を浴びたタイミングではまばゆいほどに輝くので訪れる人の気分を上げてくれ喜ばせてくれます。お庭は歩いてもよし、書院に座ってじっくり眺めるのもよしと様々な楽しみ方ができ本堂前には水琴窟までも設置されているで妙音に耳をすませて聞いてみることもオススメです。

 ③ 奈良公園の紅葉

住所:奈良県奈良市春日野町、雑司町、高畑町、登大路町
電話:0742-22-0375 奈良公園事務所

例年の色づき始め 10月下旬
例年の紅葉見頃 11月上旬~12月上旬

約511万平方メートルという広大な場所に広がる紅葉と常緑樹のコントラストは鮮やかで圧巻です。また東大寺、興福寺、 春日大社、国立博物館、正倉院など数々の社寺や文化施設や若草山が隣接してるだけでなく、国の天然記念物に指定されている野生の鹿が生息しこれらと紅葉やいちょうなど赤や黄色に彩る景色とのコラボは素敵です。特に鹿とのコラボでは花札でおなじみの“鹿に紅葉”が現実となり他にはない楽しみ方ができます。

④鶏足寺(旧飯福寺)の紅葉

住所:滋賀県長浜市木之本町古橋
電話:0749-82-5909 長浜観光協会 北部事務所

例年の色づき始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月中旬~11月下旬

静かな境内に広がる約200本のモミジの古木が真っ赤に染まりそれが舞い散るとまるで真っ赤な絨毯のような景色が演出されます。かつては己高山山頂付近にあった鶏足寺の名を、その別院、飯福寺に移し、地元の有志で整備や保存をされていてそのような知識を入れておけばより一層景色の素晴らしさや風情、ありがたみを感じることができるのではないでしょうか。

⑤箕面(箕面大滝)の紅葉

住所:大阪府箕面市箕面公園
電話:072-723-1885 箕面 交通・観光案内所

例年の色づき始め 11月中旬
例年の紅葉見頃 11月中旬~12月上旬

「日本の滝百選」に選定されていて流れ落ちる滝の姿が農具の「箕」に似ていることから箕面大滝と呼ばれその姿は落差33mもあり迫力満点です。滝周辺は四季折々に応じて美しく変化するのですが特に秋になると燃えたつような色彩鮮やかな色の紅葉の景色が広がり大滝と紅葉のコラボされた景色は一度見ると忘れられない程の迫力と美しさでその見事な眺めは絶景中の絶景です。また冴えわたる滝の音は秋涼爽快を演出し我を忘れるほどの幻想的な世界感をより一層演出してくれます。

⑥尾関山公園の紅葉

住所:広島県三次市三次町
電話:0824-63-9268 (一社)三次市観光協会
0824-64-0066 三次市 観光交流課

例年の色づき始め 10月下旬
例年の紅葉見頃 10月下旬~11月中旬


展望台があるなど市街の街並みや江の川の流れを一望することができる都市公園でモミジの紅葉と月見が楽しめます。また尾関山公園の紅葉のピークにあわせて清心池周辺の樹木がライトアップされるので昼間の紅葉の景色とは違い厳かで安らぎ溢れる空間の広がりを楽しむことができま。

⑦ 船上山の紅葉

住所:鳥取県東伯郡琴浦町山川
電話:0858-55-7811 琴浦町観光協会

例年の色づき始め10月中旬
例年の紅葉見頃10月中旬~11月中旬 4 Accent 1;

大山隠岐国立公園内にある標高615mの山で600mにわたる屏風状の絶壁に落差110mの雄滝(おんだき)、90mの雌滝(めんだき)が流れ、そこに色鮮やかな紅葉が存在することによりお互いを引き立たせ滝と紅葉のコラボレーションは本当に抜群です。その証拠に紅葉の中に流れ落ちる滝の水しぶきは絵に描いたような美しさが演出されています。また山の東側山腹一帯にある溶岩壁の屏風岩を彩る紅葉も見事です。特にドライブがオススメですが紅葉を楽しめる初心者登山コースが設備されているので安心して挑めます

特別名勝 栗林公園の紅葉

住所:香川県高松市栗林町1-20-16
電話:087-833-7411 香川県栗林公園観光事務所

例年の色づき始め 11月上旬
例年の紅葉見頃 11月中旬~12月上旬

香川県内では人気の高い紅葉スポットで江戸時代に高松藩の歴代藩主により100年余りの歳月をかけ完成し、国の特別名勝にも指定されている紫雲山の東麓に広がる回遊式大名庭園で、そこに色鮮やかに染める紅葉が存在することで一際美しい景色が演出されています。 南湖南岸のカエデが幾重にも折り重なった紅葉のトンネルや湖面に映る紅葉と庭園のコントラストは息をのむ美しさがあり必見です。また一定期間になるとライトアップが実施されるので幻想的な夜の散策が楽しめるだけでなく和船の夜間運航も行われるので壮大に秋の雅を満喫することができます。

⑨御船山楽園の紅葉

住所:佐賀県武雄市武雄町武雄4100
電話:0954-23-3131 御船山楽園
0954-23-7766 武雄市観光協会

例年の色づき始め 11月上旬頃
例年の紅葉見頃 11月2日(金)~12月9日(日)

約3年かけて造られた池泉回遊式庭園で佐賀県内でも上位で人気な場所の御船山楽園は国登録記念物で東京ドーム約10個分に値する15万坪の敷地に広がる荘厳な秋景色の美しさを楽しむことができます。特に御船山が湖面に映り込むひょうたん池、ふりむき坂ではイロハカエデやヤマモミジ、オオモミジ、イタヤカエデなど様々な約500本もの深赤色に染まった紅葉が存在し堪能できます。また一定期間に行われる日本最大級とも呼ばれる夜間の紅葉ライトアップ「紅葉(もみじ)まつり」は年間来場者数約14万人のうち8万人以上が訪れる程の人気で絶好の撮影ポイントも多いです。

⑩深耶馬溪の紅葉

住所:大分県中津市耶馬溪町
電話:0979-55-2880 深耶馬渓観光案内所
0979-54-3111 中津市耶馬溪支所 地域振興課

例年の色づき始め 10月下旬
例年の紅葉見頃 11月中旬


大分県一位ともいわれる紅葉スポットで山国川の支流山移川沿いの渓谷で狭い谷には絶壁や石柱が屏風のように連なり、ひと目で8つの奇岩を一望できる「一目八景」のカエデ、モミジ、イチョウなどの紅葉は大変見事であり見ものです。
特に紅葉を眺めながらのウォーキングがおすすめで遊歩道と川と紅葉がコラボレーションされた風景は心ゆくまで堪能できます。
夜には紅葉ライトアップが楽しめます。