女性の悩みで多いのがバスト!理想的なバストを手に入れよう!

理想のバストを目指そう!バストの構造について

スポンサーリンク


バストは年齢と共に大きさ、形、高さなど見た目が変化していきそれだけで老けた印象を象徴してしまいその場合バストアップを望んでいる女性が多いと考えられますがまずはバストについて詳しく知ることが大切だと考えます。バストはほとんどが脂肪でできているので柔らかさがありそこに乳腺をはりめぐらせていてこれが母乳を作る役割をしまたバストの大きさと母乳の量は比例するわけではないようです。

理想のバストを目指そう!胸が大きくなる仕組みとは?

思春期頃から女性ホルモンが分泌されるようになって乳腺が発達し乳腺を守るために脂肪がつくことから胸も膨らみ始めるのでそれまでの脂肪があまり付いていない状態だと張りと固さがあります。この理由からバストアップしたい場合には単純に脂肪を付ければよいと考えるかもしれませんが意図的にバストに脂肪を付けることは難しく様々なバストアップの方法に取り組むことが必要です。

バストを支えているクーパー靭帯とは

大きく重くなっていくバストを支えているのは胸の筋肉、大胸筋ではなくむしろこれらは土台であり「クーパー靭帯」と呼ばれるゴムのようなもので支えられているので腕立て伏せなどの筋トレなどはバストが大きくなるという理解よりは胸囲を大きくするとに効果があります。しかしバストの土台である大胸筋がつくことで胸の位置が上がるのでバスト下垂には効果はあります。

バストは成長するの?バストの成長段階は

年齢と共に変化していくバストですが最も大人のバストとして完成する年齢は24~26歳でこれは女性の身体は思春期から赤ちゃんを産める身体に変化するのですが24〜26歳が最も値することから大人バストの完成となります。

退化していく乳腺

年齢と共にバストのハリがたるんみ下がる原因は乳腺の退化にあり大人バストとして完成したあとは徐々に乳腺が退化していきそこに加え出産を経験された方は授乳を行ったバストはさらに乳腺の退化に繋がります。乳腺の退化とは乳腺が脂肪に変化していくことで脂肪が増えたからといって元々9割脂肪に対し乳腺は1割程度しかないのでバストが大きくなる影響さえもなく乳腺がなくなり脂肪だけになったバストはたるむだけになってしまいます。

バストにもある加齢

バストの加齢は大きく分けると3段階あり1段階目はバストデコルテ部分がそげる2段階目はバスト下部がたわみ下を向く3段階目は外に流れていきますがバストケアやバストアップをすることにより遅らせる効果はありバストの大きさ、ハリや垂れ具合も実年齢よりも保つ可能性があります。

女性ホルモンとバストの関係からサプリ摂取への考え方を知る

女性ホルモンは女性らしい身体をつくるエストロゲンと妊娠しやすい身体をつくるプロゲステロンの2種類からなりプロゲステロンは乳腺を発達させる働きがあるのですが、かと言ってプロゲステロンを増やせば乳腺が発達しバストアップに繋がるわけではないのでサプリメントでは女性ホルモンを増やすというよりもホルモンバランスを整えてあげるという考え方を備え程よく摂取することをオススメします。

バストアップに貢献?大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンは女性ホルモンの化学構造式に似た働きをするといわれていて乳腺の発達に効果はありそうですがサプリ摂取と同様バストアップへの直接の効果はあまり期待できないですがホルモンバランスを整えることには良いので摂取しすぎず1日80㎎を上限とします。

バストアップは下着で変わる?下着による効果

脇肉はもともとバストのお肉であり下着のカップ内に脇肉を入れ続けることでバストに移動することがあります。脂肪は蓄積から燃焼を繰り返し同じところにあるわけではないので脇の部分にあった脂肪はなくなりバストの脂肪として蓄積されるようになるのです。

マサージや筋トレによるバストアップ

マッサージや筋トレによるバストアップは効果的ですが正しい方法を知り行うことが大切でマッサージにおいては乳腺やリンパに刺激を与え結果バストアップに繋がる可能性は高いのですが自己流のマッサージでは逆にバスト皮膚や乳房へダメージを与えバスト下垂の進行になってしまいます。トレーニングにおいてはバストの下にある大胸筋を鍛えることで筋肉が盛りあがり胸の位置が上がって見栄えのよいバストになりバストアップというよりかはバストスタイルに効果的になります。手軽にできるトレーニングとしては腕立て伏せはとても効果がありますがいきなり取り組むことは大変ですのでまず膝をついての腕立て伏せをするなど無理せずまた自分ができる回数から始めるなど地道かつ持続させることが大切です。

バストアップを目指そう!バストマッサージの上手なおすすめのやり方

胸やデコルテをマッサージし血行を良くすることでバストアップに必要な栄養やホルモンをスムーズに運びバストアップの効率化に繋がります。体が温まってる状態が良いので入浴中やお風呂上りに行うのがオススメでクリームやオイルを使い下記①~④を1日一回10~15分を目安にし習得したらコツコツと毎日行い持続させることが大切です。バストアップマッサージの基本は乳房への血管がたくさんある脇の下や鎖骨をマッサージし揉みほぐしリンパの通りをスムーズにし老廃物を押しだしやすくしてから「下から上へ、外から内へ」とやさしくバストを包み込みマッサージすることです。

メリハリ谷間とハリ感アップ

ふっくらしたボリュームと谷間のある胸には バストラインにメリハリを持たせ手軽にできる乳房マッサージがおすすめで左側は右手で右側が左手を使い手を胸の外から内に向かって胸のカップを押し潰さないように軽く優しいタッチを心がけながらバスト全体を持ち上げ丸く形を作るイメージでリズミカルにグルリと円を描くようにマッサージします。

中央に寄せボリュームアップ

左右の胸の幅が広がったりバストトップが下がってきたら脇や背中など横に流れた胸のお肉を全部を胸の中央に寄せるために右側は左手左側は右手をそれぞれバストの横脇に置き脇腹から背中あたりのお肉を中央へと流すようにしたら両手をバストの下に置き抱え込むように持ち上げる。

乳腺を刺激する

乳腺を刺激して乳房の血行を促しボリュームアップを狙うためにどちらかの胸の下に両手をおき片方の手が胸や肌から離さないよう気をつけながら手のひらを肌にピッタリとつけ優しく左右の手を交互に上方向に引き上げるよう上へ上へとバストの下にある胃の部分のお肉を引きあげる感じにバストをすくいあげるように持ち上げこれを左右しっかり行います。

バストの垂れを防ぎ上向きバストへ

胸筋を鍛えることを主とし胸のハリを保っている薄い皮膚一枚を上に引き上げることだけでバストの垂れを防ぐので右手をバストの上部辺りに置き親指以外の4本の指で鎖骨に向かって上へ上へと流していきこの要領で反対側もし交互に毎日20回ほど繰り返すことが理想です。

女性の悩みで多いのがバスト!理想的なバストを手に入れよう!【まとめ】

バストについて詳しくしり理解することによりバストアップとは体型の変化や年齢と共に衰えていくことは確実ですが逆に方法によっては復活させたり回避させたり遅らせたりできる事が期待できます。また様々な方法を無理なく取り入れることで年齢に関係なく効果を得る可能性が高いようなので幅広い年齢の方に試す価値があると考えられます。サプリや食べ物の摂取でほどよく女性ホルモンを整えながら正しいマッサージやトレーニングを毎日コツコツと無理なく地道におこないそしてなにより持続させることがバストアップへの成功へと繋がるでしょう。
スポンサーリンク