台風に地震に豪雨に2018年は災害の年!防災グッズは各自で備えて!

2018年今年の漢字は「災」

毎年年末に今年の漢字を発表しますが今年の漢字はもう「災」でしょう。本当に2018年は地震にはじまり豪雨、台風と日本全国で何かしら災害がありましたね。今年の漢字は「災」勝手に決めてしまいましたが「災」と予想している人も多いのではないでしょうか。2018年も残すところ3ヶ月です。早いですね。あっという間ですね。この2018年は色々と自然災害について考えさせられた人が多かったのではないでしょうか?こんなにも続けて台風や地震、豪雨と続く経験は過去にしたことがないですね。でも、今後は2018年のような気候が当たり前になってくるかもしれません。一説によれば地球の軸のずれが生じているポールシフトが始まっているといわれています。ポールシフトとは地軸が入れ替わることです。

地球には北をN極、南をS極となっていますがこのN極とS極が変わってしまいます。これがポールシフトです。このポールシフトは過去にもありましたが今生きている方々で経験した人はさすがにいません。ポールシフトが始まったら実際にどうなるのかは謎ですが災害が頻繁に起こるという説や何も起こらないという説などもありますが、現段階では世界各国の異常気象はポールシフトが始まったからかもしれませんね。これからはどうなっていくのか?地球環境はどう変わっていくのか?はわかりませんがここ数年は災害が多くなっているのは事実です。災害が多くなっていることについては阻止することはできませんが、防災対策は各自でできます。これからはいつ何が起きても冷静に判断ができるように防災グッズは自分で備えておきましょう。

スポンサーリンク

2018年の災害で学んだあると便利な防災グッズ

2018年は災害も多かったですが今年の夏は酷暑でした。猛暑よりも猛暑でしたね。その中災害が多く現在も避難生活を余儀なくされている方もたくさんいらっしゃいます。今年の災害を経験したかた若しくは報道で見た方は災害の時に一番大切なものは何と思いましたか?人間はやはり一番大切なものは水ですね。飲み水はもちろんですが生活用水も必要ですね。本当に普通の生活ができることが幸せでありがたいと身にしみて感じている方は多いと思います。地震、台風、豪雨とたくさんの災害があった中でまず一番にキープしないといけないのは水です。特に飲み水は必須ですね。でも水道が止まったりして断水が何日も続くことがあります。事審お各地の災害後の被災地でも断水が続いてましたね。このようなときは水たまりの水とかでも飲みたくなるのが人間ですね。皆さんはもし、備えがなければ水たまりの水でも飲めますか?恐らくもうだめと思った人は飲む人は飲むと思います。しかし普段は水道水ですら抵抗を感じる人たちがいきなり水たまりの水を飲んで普通に居れるでしょうか?恐らく多くの方々はおなかを壊してしまいますね。このような災害の時に便利なのが飲み水にろ過してくれる便利アイテムがあります。携帯できる便利グッズですので是非家族分は最低でも購入しておくことをお勧めします。

2018年の異常な災害の数!もう落ち着くのか?冬はどうなる?

2018年は嫌というほど災害が多い年ですが、この異常気象の中いろいろと考え方が変わった方も多いのではないでしょうか?今まで地震が多くなっていたため地震には敏感になっている人は多くいましたが今年のように、いきなりの豪雨は誰もが想像を超えた事態になったのではないでしょうか?また、台風も同じですよね?少し油断した人が多かったのではないでしょうか?今回の災害で皆さんは色々なことを見つめなおした人も多かったことでしょう。今年の災害は今後もあるものと思っておかなければいけません。また季節ごとに災害も変わってくるものもありますね。例えば台風は夏から秋にかけてが多いです。豪雨はいつ起こるかわかりません。また、これからの冬は特に今年の場合は不安ですよね?夏が猛暑続きであったため冬は例年にみない大寒波が押し寄せてきて大雪などの被害も予想しておかなければなりません。備えあれば患いなしです。今年の冬は最悪の事態を考えて防災グッズを考えてそろえておきましょう。

災害時に防犯グッズで役立つものは

それでは実際に防災グッズで役立つものはどのような物が多いでしょうか?まず地震、豪雨、台風などどの災害の時でもあったら便利なアイテムは寝袋です。寝袋があればどこでも寝れますね。寝袋自体は良心的な値段で販売されていますし、家族分揃えたとしても小さくたためるため普段からの邪魔になることはありません。寝袋は押さえておきましょう。寝袋の次にやはり先ほどご紹介したろ過できるボトルです。これは意見の水とかでも飲み水にできる優れものですので是非用意してください。次はこれからの季節では寒くなりますね。しかし災害があってがっつり荷物を持ち運ぶことは困難ですね。毛布が冬には欲しいところでしょうけど温めるためにはホッカイロがおすすめです。使い捨てホッカイロを40枚入りぐらいをひと箱ぐらい備えておくといいでしょう。その他の防災グッズはそれぞれ個人個人で決めていくといいでしょう。また防災用として防災対策用品を普段からリュックなどに入れていつでも持ち運べるようにしておくといいですね。そのかばんの中にお金を少し入れておくといいかもですね。

普段から防災意識を

災害はいつ来るかわかりません。普段からいつ来てもいい様に防災意識を高めておきましょう。防災グッズで食料を用意する人がいますが食料を防災グッズで用意するには消費期限の確認は必ずしておきましょう。また常備薬とかもある人は必要になってきますね。しかしあれもこれもとなると、いざ被災にあったときにすぐに行動がとれなくなりますね。持ち物は必要最低限にとどめておきましょう。2018年の冬は何も災害がおこらないように祈るばかりしかできませんが、大寒波とか言われた場合はできる限り外出は避けておきましょう。昔と違って今は何が起こるかもわからない状態で怖いですね。普段から防災意識を高めて家族や職場友人たちと何かあった場合の時のことを話し合っておきましょう。例えば災害ではぐれた時は何所で待ち合わせをするかなどですね。2018年も残すところあと、わずかです。悔いが残らないように一日一日一生懸命がんばっていきましょう。

スポンサーリンク