クリスマスはいつからあるの?起源について調べてみた!

クリスマスはいつからあるの?起源について調べてみた!【クリスマスが12月25日の理由】

引用元:https://www.blestoncourt.com/wp-content/uploads/xmascandle_main.jpg

スポンサーリンク

クリスマスは「イエス・キリストの降誕を記念する祭日」とされています。降誕とは、神仏、聖人、君主などがうまれたことを指す言葉です。また、「降誕を記念する祭日」なので12月25日がイエス・キリストの誕生日というわけではありません。キリスト(Christ)のミサ(Mass)が語源となってクリスマスと呼ばれています。
引用元:http://greenbio.jp/blog/wp-content/uploads/2017/12/christmas.jpg
イエス・キリストの誕生日ではないのに、どうして12月25日にイエス・キリストの降誕を祝うのでしょうか?元々、古代は誕生日などを記録する習慣がなかったとされています。そのため、イエス・キリストの誕生日も、記されていません。キリスト教が広まりはじめた頃に、冬至のお祭りが盛んに行われていたことから、冬至にあたる12月25日をイエス・キリストの降誕を記念する祭日としたようです。冬至とは北半球で昼間の時間が一年のうちで最も短い日です

日本でクリスマスが行われるようになったのはいつからでしょう?

引用元:http://i2.wp.com/kaigai-matome.net/wp-content/uploads/2015/12/img1450961583.jpeg

クリスマスが日本に伝わったのは1552年のこと。キリスト教の宣教師として現在の山口県にきたフランシスコ・ザビエルが信者を集めてミサを行ったことが始まりといわれています。キリスト教や鉄砲やクリスマスとフランシスコ・ザビエルは日本にいろんな文化を伝えたのですね。しかしその後、1612年に江戸幕府から出された禁教令により、日本でのクリスマスは行われなくなりました。
引用元:https://freetimenc.net/wp-content/uploads/2018/10/-e1539812315782.jpg

禁教令とは宗教を信仰したり布教することを禁じる法律です。幕府は始めキリスト教を黙認していましが、キリスト教徒が日本で増加していたことから、江戸幕府は、キリスト教の影響力を恐れ禁教令を出しました。1637年島原の乱が行われると、キリスト教徒への取り締まりはより厳しいものとなり、その後日本では鎖国が行われ、長い間日本ではクリスマスが行われることはありませんでした。

日本でクリスマスが再び行われるようになった理由は?

引用元:https://img.yaplog.jp/img/18/pc/y/a/g/yagimitinomise/4/4953.jpg

その後、鎖国が終わった後も禁教令がとかれることはありませんでしたが、明治6年に禁教令がとかれると共に日本ではまたクリスマスが再開されるようになりました。そして日本でクリスマスが一般的に広く知られるようになったのは、銀座に出店していた明治屋がクリスマス向け商品を販売したりクリスマスツリーを飾ったことからだそうです。その後1926年の12月25日に大正天皇が崩御し12月25日が祝日となったこともクリスマスを普及する要因になったと言われています。

クリスマスにプレゼントを贈るのはどうして?

引用元:http://naruheso-news.com/wp-content/uploads/2015/10/xmas2.png

子供にとってはクリスマスはサンタクロースにプレゼントをもらう日であり、大人にとっても家族や恋人にプレゼントを贈り合う日ですよね。でもそもそもクリスマスとはイエス・キリストの降誕を記念する祭日であったはずです。どうしてそのクリスマスにプレゼントを贈り合うのでしょうか?その理由はイエス・キリストが生まれた時、神の子が生まれたことを知った東方の三賢者が贈り物をしたと聖書に書かれていることが、クリスマスにプレゼントを贈り合うことの由来となっているようです。

クリスマスにはサンタクロースがプレゼントを持ってくるのはなぜ?

引用元:http://tabizine.jp/wp-content/uploads/2014/12/26389-01.jpg

クリスマスといえばサンタクロース!クリスマスの起源やプレゼントを贈り合う習慣の由来についてはまとめましたがどうしてクリスマスにサンタクロースがプレゼントを持ってくるのでしょうか?そのことについても調べてみました。サンタクロースは4世紀頃に実在した教父聖ニコラオスが起源とされています。サンタクロースという名前は聖ニコラオスが訛ってサンタクロースとなったと言われています。

クリスマス!サンタクロースのモデルになった聖ニコラオスの逸話

引用元:http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/b/7/b7b31374.jpg

実際、聖ニコラオスの何がサンタクロースにつながったのでしょうか?サンタクロース伝説の元となった逸話を分かりやすくご紹介します。かつてお金持ちであった商人が、財産を失い貧しさのあまり自分の三人の娘を身売りさせなければならなくなりました。そのことを知ったニコラオスはその商人の家に真夜中に窓からお金を投げ入れました。その時投げ入れたお金は暖炉に下げられていた靴下の中に入ったそうです。このお金のおかげで家族は助かり三人の娘は無事に結婚することもできました。このお話がサンタクロースがクリスマスに煙突からやってきて靴下にプレゼントを入れていくという伝説の由来となったそうです。

クリスマスにクリスマスツリーを飾るのはなぜ?

引用元:https://www.sparkling-lights.jp/labo/assets/uploads/2017/10/f3cacf9e96139ac4ee29beb6f57e13da.jpg

クリスマスが近づくにつれイルミネーションに彩られたクリスマスツリーが飾ってある光景をよく目にしますよね。実はクリスマスツリーは元々はキリストとは関係がなく、古代ゲルマン民族のユールという冬至のお祭りで使われていた樫の木が由来になっています。この民たちをキリスト教徒へ改宗させる試みの中で樫の木をモミの木へと変更し現在のクリスマスツリーへと形を変えていったそうです。現在、クリスマスツリーに使われるのは主にモミの木です。クリスマスツリーにモミの木が使われる理由、てっぺんに星を飾る理由。それぞれに意味があることを知っていましたか?それぞれご紹介していきます。

クリスマスツリーにモミの木が使われる理由

引用元:http://wadai-no-mori.info/wp-content/uploads/2013/11/15ebefe8859c40015c49487dbb07bea5.jpg

モミの木は一年中葉が落ちることのない常緑樹です。そのため生命力の象徴、永遠の命の象徴とされています。イエス・キリストは一度磔にされ墓に埋葬された後、生き返り弟子たちの元へ姿を現したという逸話は有名ですよね。まさにイエス・キリストの降誕を記念する祭日にぴったりの木です。

クリスマスツリーのてっぺんに星を飾る理由

引用元:http://www.emono1.jp/img/hanasho/l20171010161402_img1_54.jpg

たくさんの装飾品に彩られているクリスマスツリーはとても綺麗ですよね。クリスマスツリーに飾られているものにも実は意味があります。ツリーの一番上に飾る星。この星には、イエス・キリストの降誕を東方の三賢者に伝えたといわれるベツレヘムの星にちなんで飾られています。例外で、イギリスなどではクリスマスエンジェルが飾られるようです。他にもキラキラとしたボールの飾りは、アダムとイブが食べた知恵の樹の実にちなんで飾られています。

クリスマスはいつからあるの?起源について調べてみた!【まとめ】

引用元:http://livedoor.blogimg.jp/itaishinja/imgs/e/7/e74f9617.jpg

クリスマスには色々な歴史があり今のクリスマスに至っています。現在ではクリスマスはパーティで楽しむ形が主体ですが本来はお祈りをしないといけない日でもあります。宗教的なこともあるクリスマスですが今では世界各地、宗教に関係なく盛り上がるイベントとして成り立っていますね。時々クリスマスを深堀してみるのも勉強になりいいですね。
スポンサーリンク