癒しの効果を実感できる癒しとはどのような物があるのでしょうか

自然から感じる癒し効果

仕事やプライベートが充実している方でもその分ストレスを感じながら過ごすこともあるのではないでしょうか?そのようなストレスを軽減してくれことの一つが「癒し」であり身近なところか取り入れることができます。まず自然の中で過ごすことにより自分の五感が働き心の癒しとなり実は「自然は最高のカウンセラー」とまで言われています。 その五感とは山や花の色から視覚、風や波の音から聴覚、花や山、海の匂いから嗅覚、吸い込む空気から味覚、土、水に触れることから触角と脳や心に癒しをあたえてくれます。これらの自然のパワーを感じることができるオススメのスポットなどを特集してくれているサイトもあるので休日などに訪れてみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク

色から感じる癒し効果

自分の周りであたり前に存在しているものとは「色」で逆に意識しなさすぎるものですが実は癒し効果として発揮していて無意識に心に影響を与えてくれる存在となっていることがあります。
・青

引用元:https://cdn.4travel.jp/img/thumbnails/imk/travelogue_album/10/30/58/650x_10305820.jpg?updated_at=1233153257

身体のさまざまな機能を鎮静させるリラックス効果がありまた集中力もアップし呼吸や血圧、脈拍も安定させてくれくれますが冬に取り入れすぎると取り入れすぎると寒く感じてしまうので注意です。
・緑
引用元:https://travel.watch.impress.co.jp/img/trw/docs/1113/853/001_l.jpg

疲れをとり緊張を緩和ストレスを解消させアイレストグリーンという目を休める効果もあります。
・紫
引用元:https://stat.ameba.jp/user_images/20170212/17/shufreeter-7978/c7/ab/j/o0750054413867001447.jpg?caw=800

感受性を高め情緒を豊かに感性を鋭くしインスピレーションに働きかけ緊張や不安を解消し穏やかな気分にしてくれます。
・ピンク
引用元:https://tour.vipliner.biz/images/dj/higaeri/mother_outlets/mother_outlets_1.jpg

女性ホルモンの分泌を促進し不安や心配事イライラを解消させ気持ちを和らげ脳を活性化し血行を良くしますが濃いピンは心や脳に刺激を与えてしまうので柔らかいピンク色を選ぶようにします。

香りから感じる癒し効果

香りといえば「アロマ」が一番手軽に取り入れるやすくまた民間療法としても利用されたりしています。
・ラベンダー

引用元:https://lululun.com/cms/wp-content/uploads/2017/03/shutterstock_324282875.jpg

リラックスや安眠、頭痛や筋肉痛を和らげる効果がありフローラルな香りが自律神経のバランスを整えます。
・オレンジ
引用元:http://www.skincare-univ.com/images/articles/5507/140801_5507_07188_333_250.jpg

リラックスやリフレッシュができ心が明るくなるなど前向きな気持ちにさせ食欲増進や不眠解消の効果を期待できます。
・サンダルウッド
引用元:https://www.fontanamoco.jp/upload/save_image/essence/n-daily/0930561-2_500.jpg

緊張や興奮を和らげ心を落ち着かせるなどの鎮静作用があります。
・イランイラン
引用元:https://i2.wp.com/www.timeless-edition.com/wp-content/uploads/2013/10/YlangYlang1.jpg?ssl=1

アドレナリンの分泌を抑制しリラックス効果を高め幸福感を満たしてくれるので緊張が高まる場面などでイランイランを嗅ぐことで緊張が和らぎ心拍数を下げる作用になります。

趣味から感じる癒し効果

趣味や自然とはまた違う場所にでかけることにより癒しを得ることができます。
・オルゴール

引用元:http://nasuorgel.jp/orgel/wp-content/themes/orgel/img/c001s.jpg

オルゴールの音色は自律神経を整えホルモンの分泌量を増やすことからリラックスでき良い睡眠が得られやすくなるので大人だけではなく寝ない赤ちゃんにも効果があります。
・アクアリウム
引用元:https://news.mynavi.jp/article/20140811-a502/images/001.jpg

熱帯魚などを自宅のインテリアとして取り入れ鑑賞し楽しむことでストレスや緊張感を和らげリラックス効果が期待できるので海外では認知症の緩和に利用されています。
・絵画(アートセラピー)
引用元:http://www.arttherapist-academy.com/ImageFolder/SubPage/ArttherapyPicture/ArttherapyPicture02.jpg

自分で取り組むまたは観賞するだけでも脳が活性化されリラックス効果を得、心理的な部分に癒しを与えゆとりをもたらします。
・動物
引用元:https://izuhack.akao-hotel.co.jp/wp-content/uploads/2016/11/pixta_23222810_M.jpg

「オキシトシン」別名「愛情ホルモン」が分泌され心が和み気分が安らぎ幸せな気持ちになれます。

癒しの効果を実感できる癒し【まとめ】


疲れた身体、心に欲する癒しですが意外に身近なところにあったり趣味をもつことにより気軽に得ることができることがわかりました。このことから今までただ単に見たり感じたり取り組んだりしていたことも意識しながら行動することにより癒しも与えてくれるのでまさに一石二鳥ではないでしょうか。しかし何事も無理強いすることは良くないですし逆にストレスを増やす原因になりかねないので今すぐ必死に自分に合うものを模索するのではなく自然に取り入れていくことです。なのでまずは身近にある色を意識し持ち物を変えてみたり空いた時間に散歩などして自然を感じるなど簡単なことから始めてみるのが大切です。
スポンサーリンク