人気健康サプリメントで健康維持!本当に健康によい健康サプリは

サプリメントといえば、いまや、多忙な現代人の健康維持に欠かせない存在といえます。仕事や行事でなにかと忙しく、食事が偏るなかで、簡単に栄養を補えるサプリメントは、頼もしいですね。規則な生活のなかで美容にも欠かせない存在となっています。今回はそのような現代人に欠かせないプリメントの種類や、美容と健康に役立つ内容をご紹介をしていきます。
スポンサーリンク


健康サプリメントの種類は

健康サプリメントの種類は大きく分けるとカテゴリーは3種類に分けられます。

からだの栄養を補うためのサプリメント

引用元:https://detox-japan.jp/wp-content/uploads/2015/10/detoxjapan660400-1005-660×400.png

タミンやミネラル、また食物繊維などを指し、成分が単体で売られているものも、複合して売られているものもあります。(ネイチャー・メイドやDHCなどが有名)

健康面へのアプローチをするサプリメント

ローヤルゼリーや、セサミン、高麗人参といった、健康の維持、または促進をするものを指します。(JRJなどが有名)

弱ったからだを回復させるためのサプリメント

引用元:https://suppleport.com/wp-content/uploads/2018/04/naturheilkunde-1738223_1920-1280×720.jpg

お酒を飲む人の代名詞であるウコンや、間接痛に効くとされるコンドロイチンなどが該当します。(ゼリヤ新薬などが有名)

健康へたずさわるものから、美容に効果のありそうなものまで、たくさんの種類があるのがわかります。つぎにそんなサプリメントのなかで美容に役立つものをご紹介していきます。

美容に関わるサプリメント

引用元:https://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2014/03/shutterstock_622190600.jpg

今回はとくに、お肌に関わるものをピックアップしましたが、なかには、関節や骨にまでアプローチするものもあります。骨粗鬆症なんかは、栄養の偏りやすい現代人なら、カルシウム不足や年齢の問題から起こりやすく、とても恐いですよね。

コエンザイムQ10

引用元:https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L1/8363916_3L1.jpg

人間の体内では活性酸素が生産されます。コエンザイムQ10は活性酸素の増加を防いで、老化へ”待った”をかける役目があるんです。活性酸素は、実は人間が食事をして消化するだけでも発生します。活性酸素は老化の原因にもなり、そして年齢とともに、活発になっていくので、気をつけたいところですね。コエンザイムQ10は大豆やイワシに、含まれているものの、こちらは熱に弱い特徴があります。一般的な調理が難しい成分でもありますから、不足分をサプリメントで接種することは効率的といえます。

ビタミンC

引用元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-garlic/item/vitamin-c/vitamin-c-6.jpg

いわずと知れた美肌を保に欠かせないビタミンです。美容液や、化粧水に含まれ、免疫力を高めると共に、肌をストレスから守ってくれる役目があります。とくに喫煙者では、ビタミンCが失われやすく、1日の摂取量である100mgのビタミンを容易く壊してしまいます。ストレスと闘う現代人には必須のビタミンといえます。さて、ここまで、美容サプリメントについて説明させていただきましたが、次にダイエットに有効とされるLカルニチンをご紹介します。

Lカルニチンとダイエット効果

引用元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nekoyamachan/20180927/20180927194248.png

Lカルニチンという名前は多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか?ダイエットについてのサプリメントの紹介ですが、やはり飲むだけで痩せるの?という方のために順を追ってご説明しますね。Lカルニチンですが…飲むだけでは痩せません。飲むだけで痩せると思っていた方がいらっしゃったら夢を壊して申し訳ないんですが、運動が必要なんです。
引用元:https://dietsoul.jp/wp-content/uploads/2017/01/Fotolia_130711512_Subscription_Monthly_M-1000×750.jpg

しかし、そんな急激な運動をしなければならないなんてことはありませんので、ご案心ください。簡単に説明すると、人間が運動をすると、脂肪が燃えて筋肉になります。Lカルニチンは脂肪の燃焼を助けます。Lカルニチンは主に赤身肉に含まれますが、1日の定められた摂取量をとろうとすると、かなりの量のお肉を食べる必要があります。日本人のLカルニチンの摂取量は少ないとされています。内臓のなかにも微量ながらLカルニチンが存在するのですが、摂取量が少ないとエネルギー不足となり、うまく脂肪を分解できなくなります。ダイエットをこころがける場合には、運動の前後に摂取することがおすすめです。

まとめ

これまで、ご紹介しましたように、栄養素には美肌を保つのに欠かせないものや、からだの代謝に関わるものまで、さまざまななものがあります。なかには、食事のみで接種することが難しいものもあり、健康や美容を保つための、体調管理を十分にこころがける必要があります。多忙な現代人は、栄養の偏りという部分を、ぜひ意識して、日々過ごしてほしいですね。骨粗鬆症をはじめとする、生活習慣からおこりえる病気に対しては、あらかじめ予防対策を考えておきたいものです。

引用元:https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/oga_b-lk1_5

サプリメントを生活に取り入れることは、病気の予防、不足しがちな栄養素の補給、または健康維持の補助という観点から非常に効率的です。また運動に合わせて接種することで、より健康を増進していくものもありますので、それぞれの生活スタイルに合わせて、併用するといいでしょう。しっかりとじぶん自身をケア、サポートすることは、体調面だけでなく、精神面にも潤いをもたらします。
引用元:http://www.l-carnitine.jp/carnipure_land/img/contents/about/himan_zu.gif

美容を意識される方、ダイエットを考えている方、また、健康を少しでも意識されている方は、サプリメントとの上手な付き合い方を検討してみてください。
スポンサーリンク