男女混浴温泉!オススメ10選!

桜島シーサイドホテル

スポンサーリンク

引用元:https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/12/a6/89/88/fra-den-udendors-familie.jpg

混浴露天風呂である「海辺風呂 」の目の前は錦江湾で岩の間から源泉が2本かけ流されていて温度は46~48℃と高めですがホースから水をいれることが可能です。また一面に広がる海が近いだけでなく柵の高さも控えめなのでより解放感があり絶景な景色が堪能できます。お湯は表面に結晶の膜を張るぐらい濃厚な成分で「メタケイ酸」が豊富に含まれているので新陳代謝が良くなったり、美肌効果も高く肌にまとわりつく感じです。色は灰色がかった緑色で濁っているので入ってしまえば混浴も気になりませんが強めの鉄の臭いが漂っているようです。

住所:〒891-1541 鹿児島市古里町1078−63
電話:099-221-2121
バスタオル巻き、水着可能です。

北浜温泉テルマ

引用元:https://www.jalan.net/news/img/2017/08/1709_kyusyu_1_020.jpg

屋外健康浴(混浴)は海を目の前にした絶景でお風呂の構成は中央に「ジャグジー風呂」が、隅の方には独自源泉を使用した「露天塩湯」があり泉質はナトリウムー炭酸水素・塩で触れた感じはサッパリ感とポカポカ感があります。

住所:〒874-0926 別府市京町11番1号
電話:0977-24-4126
水着可能です。

旅館山翠 仙人の湯

引用元:http://img-cdn.guide.travel.co.jp/article/110/20160911105958/
C05923F4CA584C0DA19ABCF3F4794BA3_LL.jpg

混浴露天風呂の脱衣所は左右からも見えないようかつ男女別をしっかりと配慮されているので混浴で難易度が高い湯船への出入りがスムーズにできます。混浴の場は男性エリアよりも女性エリアのほうが広く透き通ったお湯ですがバスタオル巻きでの入浴が可能なだけでなく大きな岩もたくさん配置されているので女性には特に好評で実際にも女性の混浴率が高めです。泉質は100%源泉かけ流しの天然温泉で出し口から一番近い場所にあるのでより新鮮で色は無色透明、肌触りはさらりとしていますが硫黄のにおいがします。場所は一番高台で広い湯船で阿蘇外輪山の風景を堪能できたり空を近くに感じらるので夜には星空を楽しめます。 1

住所:〒869-2504熊本県阿蘇郡小国町西里3044 はげの湯
電話:0967-46-4547
バスタオル巻きが可能です。

湯原温泉 砂湯

引用元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/71/0e/art001053/article_art001053_7.jpg?20160609172000&w=600

砂湯には「長寿の湯」「子宝の湯」「美人の湯」の3つの湯船があり「長寿の湯」は湯船の半分くらいが屋根付きになっていて無色透明で全くクセのないお湯です「子宝の湯」は湯の温度が40℃と丁度よく「美人の湯」は 30人ぐらいの大人数が入れそうな大きな湯船です。3つの湯船とも湯底は砂利で暖かい温泉がプクップクッと湧き出していて趣があります。

住所:〒717-0402
岡山県真庭市湯原町湯原温泉内
電話:0867-62-2526(湯原町観光協会)
水着は不可ですがバスタオル巻きは可能です。

ゆのごう美春閣

引用元:https://trvimg.r10s.jp/share/image_up/67099/LARGE/FQDPaA.jpeg

混浴露天風呂の岩ぶろは広く緑に囲まれているので解放感があり湯郷温泉地区内の源泉は「鷺温泉」より配湯を受け加温加水しているので湯温はちょうど良い感じでまた消毒も行われているので少し塩素の匂いがしますがその分清潔感があり安心です。また屋根が付いているので多少天気が悪くても大丈夫ですし湯船の周りや中央部分に温泉に浸かりながら座れる場所がたくさんあり居心地が良く過ごせます。

住所:〒707-0061 岡山県美作市中山1144
電話:TEL:0868-72-8111
混浴用の湯浴み着あり

リフレッシュパークゆむら

引用元:http://www.yumura.gr.jp/upimg/a4a0f745e92fe08cff41bae5ca46372b/800×800.jpg

湯村温泉の源泉が利用されている自然の中の温泉公園で5つの露天風呂があり(1つは蒸気サウナ)一番高い位置にある「滝露天風呂」は景色が絶景で、菖蒲やゆずを浮かべるなど季節の風情が楽しめる「四季風呂」、酒樽と但馬の名酒がすらりと並んだ「酒樽風呂」幻想的な世界が広がる「洞窟展望風呂」があり楽しめます。

住所:〒669-6821兵庫県美方郡新温泉町湯1371
電話:0796-92-2002
水着着用可能です。

屈斜路湖 コタンの湯

引用元:https://www.instagram.com/p/BgqAoDtAJNF/media?size=l

北海道の道東部にあり火山活動によってできた日本最大級の湖のカルデラ湖である屈斜路湖(くっしゃろこ)は冬になると湖全体が凍結しそんな広大な場所の東側にあるコタンの湯は訪れる人のほとんどが絶賛する秘湯中の秘湯です。その理由は白鳥や絶景を眺めながら温泉につかることができる素敵なロケーションが楽しめるのに無料であることです。コタンの湯は「野湯」ですが地元の有志によ作られとても綺麗に管理されているので安心です。さらに魅力を伝えると湖のギリギリのところに作られているので目の前に屈斜路湖のパノラマ絶景が広がっているのでまるで屈斜路湖に浸かっているかのような錯覚になったり、間近に集まる白鳥までも一緒に混浴している気分が味わえ魅力です。源泉温度は68℃と高めですが外気や湖からの風や外気などによりちょうど良く入浴できる温度にまで下がっています。

住所:〒088-3351
北海道川上郡弟子屈町屈斜路古丹
電話:01548-2-2191
バスタオル巻き、水着着用可能です。

金谷旅館 千人風呂

引用元:https://onsen.nifty.com/cms_image/onsen/onsen-detail/onsen002761/onsen002761_2.jpg

日本一の総檜風呂の混浴風呂である「千人風呂」は金谷旅館の自家源泉のかけ流しで、無色透明かつやわらかくさらっとしているので優しいお湯の印象です。温度は少し熱めからぬるめまでと幅があるのでどんな好みの方でも楽しめます。最大の特徴である総檜風呂は浴槽、床、壁すべて檜できていて天井はアーチ型になっていたり柱が1本もないなど珍しい造りで大きさも長さ15m、幅5mもあり洗い場も含めると畳40枚分にもなり迫力があります。また金谷旅館の千人風呂は「人に迷惑がかからない程度に泳いでいい」という珍しい約束ごともあるので歩行浴を楽しまれる方もいます。

住所:〒415-0011 静岡県下田市河内114−2
電話:0558-22-0325
バスタオル巻きが可能です。

黒薙温泉旅館

引用元:https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/011/383/95/N000/000/043/140288497721636009226.jpg

開湯が1868年と歴史が古くふもとにある宇奈月温泉郷の源泉のお湯を全てまかなえる程の充分な湯量があります。大自然の中の渓谷沿いにあり100%源泉掛け流しの天然温泉で無色透明、弱アルカリ性の熱めのお湯なので疲れた身体を芯から温め癒してくれます。天然の岩と石でできている露天風呂の広さは約28畳で湯底に敷かれた石は黒部川の天然石なのでとてもきれいです。朝一番は比較的人が少なく夜は虫や川、風の音が良いBGMとなり何時間でも滞在したくなる程です。

※大露天風呂は基本的に混浴ですが朝7時30分~8時30分と夜7時~8時は女性専用時間になります。

住所:富山県黒部市宇奈月町黒薙
電話: 0765-62-1802
バスタオル巻き、水着着用可能です。

休暇村 岩手網張温泉

引用元:https://www.jalan.net/jalan/images/pict2L/Y1/Y328961/Y328961300.jpg

網張温泉(あみはりおんせん)は近くにスキー場があり十和田八幡平国立公園内にある標高760mの高原の温泉地です。その中の混浴露天風呂である「仙女の湯」は山や滝が見えるので絶景かつ大自然を感じ堪能できる秘湯的なお風呂です。色は白濁湯で硫黄成分で石が白くなってしまう程の強い硫黄の匂いがしますが千年も昔から「万病に効く」と評判でいかにも温泉らしいです。湯の温度は45度と少し高く成分は酸性湯なので入ると少しピリピリと感じる方もいるようです。素晴らしい景色だけでなく清々しい空気を感じられ静かな自然と一体化でき野趣にあふれた仙女の湯は万人受けするお風呂で気持ちがよいです。また野趣だけに積雪や雨の日以外にしか入れないので気をつける必要がありますがそれもまたレア感があって魅力が増します。

住所:〒020-0585 岩手県岩手郡雫石町長山小松倉14-3
電話: 019-693-2211   バスタオル巻き可能

まとめ

引用元:https://dot.asahi.com/S2000/upload/350_2013012100020_1.jpg?update=20130425152329

温泉で混浴温泉は非常に少なくなっています。家族風呂は多くありますが大浴場での混浴温泉はルール・マナーを守って入浴しましょう。