自殺を考えている人へ!死ぬ前にまずは読んで!いじめ相談窓口もあります

毎年自殺が多いのは新学期・年度初め


毎回ニュースで取り上げられる自殺が多い時期とか言われますがこれは統計を取っているだけであり実際に自殺を考えている人は現在もいるはずです。またこの記事を読んでいるかたも自殺を考えているかたではないでしょうか?学生で自殺が多くなるのは新学期になるときといわれている理由は普段から何かしらのいじめがあり、夏休みや冬休みなど長期休暇に入りいじめから解放されてまた新学期に近づくにつれて、またあの辛いイジメが始まると辛くなり自殺願望が芽生えてインターネットで安楽死などで検索して自殺をしようとする人が増えてきます。また社会人も同じです。上半期が終わり職場の配置転換で人間関係に行き詰まったりして、生きるのが疲れたという方も年代関係なく多くなっているようです。しかし時期は関係なく日々、自殺願望者は滞在しています。もし、あなたが今自殺を考えているようでしたらまずこの記事を読んでみてください。

自殺ができるなら何でもできる!死ぬ前に読んでみて


もしあなたが自殺しようと安楽死などを考えてこのサイトにたどり着いたのであれば少しだけ時間をください。まず自殺は苦しいですよ。痛いですよ。辛いですよ。と当たり前のことです。でもこの苦しみや痛みは死んだ人にしかわからないのも事実です。この死を選ぶという決断をできる方は、少し見る目を考えてみてください。死ぬという選択肢は後でも実行できます。しかし死ぬという切り札は最後に残しておきませんか?死にたくなくてもいずれ必ず死は訪れます。命が尽きる日は必ず来ますので、まずは落ち着いてください。そして死ぬ勇気があれば貴方は誰よりも強いです。なかなか死のうとしても怖くてできないのが現実です。また、死のうとしている理由は色々あると思います。まずは学生の方へ。

スポンサーリンク

自殺を考えている学生はまず読んでください


自殺を考えている学生の理由の多くはイジメが原因ですよね?いじめられるのが辛い、悲しい、と思っている方が恐らく自殺を考えていることでしょう。自殺を考えるまで追い込まれている貴方は繊細な心の持ち主であり、とても綺麗で優しい心の持ち主です。ですので死ぬのはお迎えが来るまで待ってもらいたいです。まず、あなたをイジメている人たちは多分学校の中では人気があったり友達が多かったり、または人から恐れられたりしている人でしょう。そのイジメている側の人が殿様気分で居れるのは今だけです。後々そのイジメてい居る側の人たちは惨めな思いをしていくだけになります。その時にざまあ見ろと思えるぐらい貴方が強ければ自殺を考えることはしてませんよね。でもざまあ見ろと言えるようなときは必ずきます。もし今、いじめにあっていて学校に行きたくないときは勇気をもって登校拒否宣言をしましょう。そしていじめられていることを正々堂々と訴えましょう。自殺する根性がある人は何でもできます。死ぬ前にまずは、ヤケクソになってみてください。そしていじめてるやつを名指しでまずは身近な親を味方につけて勇気をもって話してみましょう。

自殺は最終手段に!まずは自分の思いを勇気をもって伝えよう


もし親が相手にしてくれない、家庭環境も悪いとかであれば先生に相談できるようであれば先生が一番いいでしょう。しかし自殺を考えるほど追い込まれている心境では先生に相談なんてて思うでしょう。どうせ死ぬならという考えでもいいです。とにかく自分自身がされていることを周りに訴えて広めていきましょう。自殺する気でいるならそれでもいいですが、まずはその根性があるのならぶつけていましょう。今はネットでも陰湿ないじめが多いですね。このネットを利用してでも自分がいじめを受けていることを訴えていきましょう。名誉棄損となることもありますがあなたが死ぬよりマシです。名誉棄損なんてクソみたいなもんです。本当にあなたが死にたいと思うぐらい辛いのであれば名誉棄損なんて気にせずにされたことをどんどん公にしていくことも相手と戦う手法でもあります。昔と違って最近は何かあるとすぐにマスコミが取り上げてくれますね。マスコミを利用するのもいいですよ。イジメられていて辛い思いをしていると思いますが少し勇気を出すだけで人生変わります。

自殺願望は後回し!自分を最優先の自分勝手な自分主義で大丈夫!


イジメに対して戦う勇気がどうしても持てない方への次の選択です。それは登校拒否して自宅学習若しくは登校扱いしてくれる施設に通うことも一つの手です。もちろん登校扱いしてくれない施設でも問題ありません。自殺の選択肢を選ぶよりマシです。また一日中一人でいるよりもマシです。違う生き方は何通りもあります。無理していじめられている学校に行く必要はありません。でも本来あなたには教育の権利がありますのでその権利を主張して貴方をイジメている奴らと戦う姿勢を持てることが一番理想ですが違う道を選ぶことも可能ですので色々と広い視野をもって世の中を見ていきましょう。

社会人の自殺願望が強い方は


社会人になってから仕事が辛い、仕事は面白いけど人間関係が辛いとか大人のいじめというものも現実にあります。これは学生同様悪質です。また大人になってからは余計にたちが悪いアホばかりがいじめる側にいますね。仕事が面白くて好きなので転職を考えたくない、でも不当な人事異動をさせられたりすると今更転職すると年齢てきにも雇ってもらえないとかも考えたり暗くなることがありますよね。そして自殺願望へつながり命を絶つとかも過去に例がありますが、亡くなっていったかたには自殺願望が芽生えた時にはこの記事を読んでもらいたかったです。

社会人のいじめは堂々と訴えよう


昔は社内でイジメにあったりするとイジメてる側がどうしても強い形で生き残る傾向がありましたが、今はいい時代です。何かあるとパワハラやセクハラ、モラハラなど何でもハラスメントがついてすぐにマスコミでも取り上げられてニュースになりやすい時代です。イジメられていると感じてから決して自殺を考えずに社会人ということもあるので、受けているいじめの内容を日付と時間といじめられている内容をメモしていきましょう。普段から攻撃的な言い方や人間扱いされてない言葉遣いをされたとかいう人はボイスレコーダーを用意しておくといいですね。ただ、自殺を考える人は繊細な人、優しい人が多いです。そのような方はいったん自殺は保留にして自分の時間を作りゆっくりするのもいいことです。いづれにしても社会人でいじめを受けていて収まる方向が見えない場合は自殺などは考えずに最悪の場合は訴訟しましょう。

自殺はもったいない。どうせ死ぬなら好きなことを


自殺願望がある方はまずは自殺願望は我慢してください。そして自殺する根性を他に持っていきましょう。死ぬ気で行くなら勇気ももてます。相手から殺されることもないですし言いたいことを言う。これは一番いいことです。中にため込んでいくとろくなことがないですから。死ぬ前にはまず、今の自分には戻れない、親や身内、大好きな人にも会えなくなります。また、生きたくてもいきれない人が世界中にたくさんいます。生きたくてもいきれない人から自殺を閑雅ている人をみると腹がたつでしょうし、もったいないと思うでしょう。自殺を考える前にまずはこの記事を読んだ後に自分の気持ちを落ち着かせてから戦う選択肢を選んでみるのもいいですよ。色々と雑学も覚えて新しい発見もできることでしょう。

スポンサーリンク

ランキング参加してます。
応援お願いいたします。