出産後に乳腺炎でお悩みの方は
引用元:http://blog-imgs-60.fc2.com/k/a/k/kakuigaku/pic02_05_1.gif

乳腺炎とは出産後授乳を開始してから片方の乳房の乳汁がきちんと排出できずに乳腺内に溜まり炎症を起こすという授乳期だけに見られる症状を「急性うっ滞性乳腺炎」といい、出産授乳に限らず乳頭や乳輪などにできた傷口から細菌感染を起こすなど乳首を不衛生にしていることで起こる炎症を「急性化膿性乳腺炎」といいいずれも乳房が腫れ傷みが出てきます。授乳期に起こる「急性うっ滞性乳腺炎」の場合は授乳を開始してから2~12週間の間と人によって違うようですか授乳中期間に経験するので(授乳乳腺炎ともよばれる)あまりの痛さから授乳をやめたくなる程で症状が治まり痛みがなくなるまでは再開することは難しいようです

乳腺炎の兆候と症状

引用元:https://scdn.line-apps.com/stf/linenews-issue-1305/item-1387627/186de6fb1a882b078ca7573268816bc30762c49e.jpeg

通常授乳後はすっきりし乳房が敏感になったりヒリヒリするぐらいですが授乳中に乳房の痛みや焼けるような感覚がある、授乳後もモゾモゾ硬いままなんとなく飲み残した感じでスッキリしない、圧迫するような痛みやチクチクを感じる、腫れやしこりがある、熱(38.5 °C以上)と悪寒、赤み ( V字型パターンが出る)、疲労感と風邪のような体調の不調があらわれます。赤ちゃんの味への影響はわかりませんがいつもなら飲んでくれるのにすぐに外したり暴れたりして飲んでくれないといったことが目安になることもありますし「急性化膿性乳腺炎」の場合は膿が出ているので母乳の味が大人が味見しても違うことがわかります。

乳腺炎の原因と予防法

引用元:https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpu
b%252Ffeed%252FWoman_Mama%252F2015%252FE1443089958156%2
52FE1443089958156_1.jpg,zoom=1200,type=jpg

乳腺炎の原因はいくつか考えられまず乳管の詰まりで母乳が溜まり乳房が空にならずこれが痛みを与え感染症を引き起こす可能性があるので授乳の仕方に工夫が必要で温めたタオルや温湿布を乳房にあてる、授乳中の姿勢を変える、乳首をしっかりと口にくわえているか確認、片方の乳房に移る前に空になっているか確認、赤ちゃんのお腹が空いている時はできるだけ頻繁に授乳を行うなど 授乳の間隔を意識するなどです。それから疲れから病気やストレスが慢性化した場合、乳頭損傷のから細菌が繁殖しやすいことも原因となり栄誉不足にならないようにする、乳首が亀裂した場合は乳房専用の赤ちゃんの口に入っても大丈夫なタイプの保湿剤授乳のたびにつけケアする。あとは圧力がかからない下着選びをしましょう。まれに気圧も関係あるようです。

乳腺炎の治療方法

引用元;https://conobie.jp/uploads/cache/article/201605/9052/3a871bb1e97c06182689223
e220df1bd1ef8f61a_l.png

予防をしても改善されない場合は無理せず婦人科や専門医を受診し改善してもらいます。基本的な治療方法は授乳を止め消炎鎮痛剤や抗生物質を服用し痛みを和らげ乳房を休めていき薬は最後まで飲みきりますが母乳を通して赤ちゃんに薬が流れる危険を回避するために市販のものを勝手に服用しないようにします。乳汁のうっ滞が著明な場合は乳汁分泌抑制剤を投与することもありフルカップのブラジャーで乳房を固定します。それでも治らな場合は母乳の細菌検査や抗生剤感度試験が必要になることがあり結果により膿瘍ができている場合は注射針で吸収したり切開して取り出すこともあります。その後は乳房のメンテナンスをするため月1回程度の来院になります。

出産後に乳腺炎でお悩みの方は【まとめ 】

引用元:https://img.cdn.nimg.jp/s/niconews/articles/images/4415380/5f5d778d8620a506ea7
faa347b7ff214004be978f39e93e997f761c664363edc3d77310978f8c278c3c471dd22fe
c032ceec94f3a1704220bb2352ab0eb7a9f1/300x300s_FFFFFFFF?key=533866d2ceb0b09df9bd547d04d3a4cabf0414cfc3883e0809e459a1dd7026b6

乳腺炎になることは特別なことではなく特に産後は誰にでもなりうる可能性が高く予防することにより回避できるのである程度の知識を知っておくことは大切です。また専門家がおっしゃっているのは乳腺炎はなってからよりもなりそうな段階で専門医に相談することが処置も簡単に済むようですし望ましいようです。さらに一度なってしまうと繰り返すことがよくあるようなのでそこにおいてもやはり予防の重要性が証明できます。 乳腺炎は出産された方は自分にも余裕がなく一番大変な時期であると考えられるのでなかなか自ら積極的に病院に行くことは難しいかもですか治療が長引くことを考えたらやはり早めの判断や決断が最も最適なのではないでしょうか。

スポンサーリンク