世界的な異常気象!台風!豪雨!地震などへの災害対策5選

台風・豪雨・地震などの災害にあなたはどう対処できるか!おすすめ災害対策

2018年は災害・災害・災害と次から次へと容赦なく自然の力に圧倒されています。この災害は日本だけがひどいわけではありません。世界のあちこちで被害があっているようです。災害は地震に関してはいつ来るかはわかりませんが台風は予測がつきますね。地震に関してはいつ大きな地震がきても避難生活ができるように備えなければいけません。いずれにしても災害への備えは日ごろからいつでも避難ができるように避難アイテムを用意して備えましょう。災害対策アイテムを厳選しておすすめのアイテムをご紹介。

スポンサーリンク

台風・豪雨・地震などの災害にあなたはどう対処できるか!おすすめ災害対【その1】

まずは避難生活で最も重要なのが水です。食料も必要ですが水分が重要ですね。まずは飲み水を確保することが必要です。しかし水に関してはずっと保管しておくわけにはいけませんので賞味期限を確認して賞味期限前になったら消費して新しく入れ替えておきましょう。水に関しては持ち運びでは重いのでとりあえず家族分で避難時に持ち出せる量だけ用意しておきましょう。飲み水は持ち出しにも限界がありますのでおすすめはろ過アイテムがおすすめです。災害時に雨水などをろ過して飲料水、生活用水として使えるレベルまでろ過することが可能な携帯できるろ過機が売っています。命を守るための必要不可欠な水分は必ず用意しておきましょう。川の水、プールの水や雨水などこの携帯ろ過で飲み水にできる便利アイテムは1つは持っておいたほうがいいですね。

台風・豪雨・地震などの災害にあなたはどう対処できるか!おすすめ災害対策【その2】

水の次に重要なのが食料ですね。水と食料があれば健康な成人であればある程度の日数は耐えられますね。災害時の避難生活に備えて準備しておきたいアイテムの厳選その2は保存食・防災食です。紙コップパンといって5年保存が効く防災食が売っています。被災した場合は長い避難生活に備えないといけないこともあります。そのようなときにはこの防災食は優れものです。災害が実際に起きるまではおそらく何とも思わない人が多いのが防災食です。しかし実際に災害にあって避難生活を余儀なくされるかたには防災食はありがたい食料になり避難生活には必需品ともいえる食料になります。
5年保存 防災食 非常食 備蓄 紙コップパン チョコレート 1ケース(30個入)  5年保存 防災食 非常食 備蓄 紙コップパン チョコレート 1ケース(30個入)
紙コップパンと同様にラスクもあります。防災食もその他色々とありますのでお好みで用意することもいいですが、実際に災害にあった時で非常食は何でも食べれるものはありがたいと感じますので必要最低限の準備で充分です。家族の分を最低限準備しておきましょう。
5年保存 防災食 非常食 備蓄 ひとくちやわらかラスク メープル 1ケース(32個入)  5年保存 防災食 非常食 備蓄 ひとくちやわらかラスク メープル 1ケース(32個入)
防災食に関しては好みで買うのもいいですが持ち運びを重視して購入しましょう。あくまでも防災食は避難生活で使うものですので、持ち歩くことを頭に入れて準備が必要です。できるだけカサにならず持ち運びしやすいものを選びましょう。また災害時はよくテレビでボランティアの方々や自衛隊の方々など色々な方々が炊き出しなどをしているのが見られますが必ずしも自分が避難しているところであのような待遇がされるとは限りませんので最悪の事態を想定したうえで防災食を含め、防災アイテムは選びましょう。

台風・豪雨・地震などの災害にあなたはどう対処できるか!おすすめ災害対策【その3】

防災アイテムで次にお勧めするのが情報収集するためのツールです。避難生活に欠かせないのがスマホの充電器や携帯ラジオ、乾電池、懐中電灯が必要ですね。これらは当たり前のように思っている方は多いですが実際に用意している人は、ほんのわずかな数だけです。簡単なことですがどこにでも日ごろから安価で売っているのでいつでも買うことができるということで油断していることが誰にでも恐らくあると思います。これらの単純なものが実際に避難することになったときには宝物のようにありがたみを感じることになります。
6WAYマルチレスキューラジオ/防災グッズ 【ソーラー充電・手回し発電・USB充電・乾電池】 LEDライト・サイレン付き コンパクト  6WAYマルチレスキューラジオ/防災グッズ 【ソーラー充電・手回し発電・USB充電・乾電池】 LEDライト・サイレン付き コンパクト
災害はあってみないと実感ずることが難しい人もいます。実際に災害にあったことがない人で絶対に自分は大丈夫と思っている方に限って災害にあった際には何もできず周りに結局は頼りっぱなしになってしまいます。みじめな思いをしないでいい様に必要最低限の防災アイテムぐらいは揃えて置き、置いている場所も覚えておきましょう。このような手回し充電ができるアイテムは非常に便利ですね。
スマホの充電もUSBから供給できるようです。乾電池も使えて手回しでも充電ができるので防災グッズでは優れものですね。

台風・豪雨・地震などの災害にあなたはどう対処できるか!おすすめ災害対策【その4】

台風は夏から秋にかけてが多いですが地震や豪雨は季節はわかりませんよね。最近は季節感もなくなっていますが災害にあったときには防災グッズであると便利なのが寝具ですね。でも避難の時に馬鹿みたいに布団一式は持ち運びできませんね。寝具は災害の時にタオルケットだけ、毛布だけ持っていく方もいます。しかしやはりカサになりますね。このようなときにお勧めはキャンプなどでも使ったりする寝袋ですね。寝袋は小さく折りたためることもあり、冬は暖かく寝ることができ夏は暑いので敷布団代わりに敷くだけでもいいですね。最近ではエアーベッドのような折り畳みの布団もありますが空気入れを持ち歩かないといけないこともありますし、広げた時に場所をとることもあるため寝袋が一番おすすめです。
(まとめ)アーテック 防寒寝袋 【×40セット】  (まとめ)アーテック 防寒寝袋 【×40セット】
防災向け簡易寝袋です。40個入っているようですね。一人で40個もいらないという方も何日避難生活が続くかわかりませんので数個は持っておりたほうがいいでしょう。友達などと一緒に購入して分けるといいかもですね。単品でも販売しているようですね。少ない家族の方は単品購入でいいですね。しかし避難生活が1日で終わることはないと思いますので数個は容易しておくと便利ですね。
簡易防寒寝袋 & 防寒シート  簡易防寒寝袋 & 防寒シート

台風・豪雨・地震などの災害にあなたはどう対処できるか!おすすめ災害対策【その5】

2018年は世界各地で災害だらけですね。これだけ災害が多いと避難生活を余儀なくされることも考えておかないといけませんね。その時に学校の体育館や公民館など公共の施設で避難できる方はいいですが熊本地震などでテレビでも見られたのが駐車場に車中泊の人たちがいました。またペットと一緒に避難している人たちもいました。そのような方たちはやはり一緒に避難所生活はできないため各個人でテントはったり、車の中で生活したりしてますね。その方たちにお勧めなのが簡易トイレです。災害の時は規模にもよりますがトイレが使えなくなることもあります。さすがに女性は外でそのままというのは抵抗がある人が多いのではないでしょうか?そのような災害のときにお勧めが簡易トイレです。携帯トイレもありますが折り畳み式の洋式のように座ってできるタイプの簡易トイレもあるようです。トイレは女性、子供たちがいると特に悩むと思います。簡易トイレは是非準備しておくことをおすすめします。
非常用トイレらくらくお助けボックスセット/簡易トイレ 【汚物袋5枚、凝固剤5袋付き】  災害用トイレセット/簡易トイレセット 【2箱セット】 抗菌性凝固剤 袋付き 日本製 『マイレット mini10』 〔防災 備蓄 避難〕

災害時は家族でまずは助け合おう!日ごろからの防災意識を高めていきましょう

災害はいつあなたの身に襲い掛かるかわかりません。いつ被災者になるかもわかりません。災害が起きた場合はすぐに避難できるようにいつでも取り出せる場所に防災対策グッズをまとめておきましょう。また日ごろから定期的に防災グッズの確認も行いましょう。防災食などは消費期限もありますので注意が必要です。そしてもし自分に起こったときはもちろん自分で使いますがもし違う都道府県で災害が起きた時には消費期限がある防災食や劣化しそうなものは寄付してあげることも一つの手段です。災害時はみんなで助け合うことを一番に考えて協力し合える体制をいつでもできるように1人1人が思いやりをもって生きていきましょう。

スポンサーリンク