七五三の由来は?七五三はした方がいい?

子供が産まれたら、お宮参り、百日祝い、七五三など初めてする行事がたくさんありますよね。なかには、これってやったほうがいいの?って思ってしまうようなものも。なんとなくみんながやってるから、という理由でやっている行事も本当の意味や理由を知ることで、感じ方が変わってくるかもしれません。今回は七五三について、七五三が行われるようになった理由や由来、そして子供の七五三に向けてやっておくべき準備などをまとめてみました。
スポンサーリンク


引用元:http://www.isetanguide.com/20180425/gw/img/md29.jpg

七五三とは

引用元:http://www.1122.co.jp/images/common/kids/753/top_01.jpg

まず最初に、七五三とは子供の成長を祝い3歳、5歳、7歳のときに行われる日本の行事です。男の子は3歳と5歳。女の子は3歳と7歳の11月15日に神社にいって行われます。着物や袴の晴れ着に身を包み、千歳飴をもらい記念写真を撮るのが一般的です。

七五三が行われるようになった起源や由来

引用元:https://bbth.co.jp/kisste/wp-content/uploads/2018/08/753yurai.jpg

元々は地方各地でさまざまなかたちで子供の成長や健康を祝っていました。現代では医療の発達により、人間は長生きするようになりましたが、昔は乳児の生存率が低かったがためにこのようなお祝いが始まりました。現代のように3歳、5歳、7歳で成長や健康のお祝いが行われるようになったのは江戸時代のことです。ですが、当時は七五三というお祝いではなく、年齢ごとに別れた別々のお祝い事でした。

髪置きの儀

引用元:https://www.studiojam.jp/blog/wp-content/uploads/2016/08/281111a-3-1.jpg

主に3歳のときに行われていた行事です。当時の日本では、こどもは男女ともに髪を剃って坊主頭のように短くしていました。髪置きの儀を終えるとようやく髪を伸ばすことができたそうです。

袴着の儀

引用元:http://www.hofutenmangu.or.jp/kongetunogiyouji/DSC_0649.JPG

主に男の子が5歳のときに行われていた行事です。袴を着用し、碁盤の上で吉方を向いて立つ儀式。その当時、袴は男性の正装とされていたので、袴着の儀を行うことで、一人前だとされたようです。

帯解きの儀

引用元:http://www.studio-mario.jp/blogs/43/1468/images/E5B8AFE8A7A3E3818DE38080E8A2B4E79D80.jpg

主に女の子が7歳のときに行われていた行事です。当時、こどもは着物を紐で結んでいましたが、帯解きの儀を行うことで大人と同じような幅の広い帯を結ぶようになります。

11月15日に行われる理由

引用元:http://www.kisetsunootayori.com/img/121112_20.jpg

旧暦の天保暦では15日は二十八宿の鬼宿日とされていました。鬼宿日とは、鬼が宿にいて出歩かない日なので、縁起がいい日、何をするにも運気がいい日とされています。それに加え、11月は旧暦の天保暦で収穫を終え実りを神様に感謝する月であることから、収穫の感謝を神様に伝えるとともに、子供の成長や健康の感謝をするようになりました。天和元年11月15日に江戸幕府5代将軍の徳川綱吉が長男である徳川徳松の健康を祈って始まったとされるのが有力な説です。しかし、現代では11月15日にこだわらずにその日が平日だったりする場合は11月中の土日祝日にされることが多いですよね。

七五三といえば千歳飴

引用元:https://iwaiseika.ocnk.net/data/iwaiseika/product/chitoseame/chitoseh203i.jpg

千歳飴は、親が子供に長寿の願いを込めて与えるものとされています。江戸時代に飴売り七兵衛が売り出した「千年飴」が始まりとされています。実は千歳飴は形状が決まっており直径約15mm以内、長さ1m以内となっています。縁起がいいとされる紅白で着色されており、千歳飴袋には、鶴亀、松竹梅などがデザインされています。鶴亀には「鶴は千年亀は万年」と、長寿の意味があり、松竹梅には「冬期にも緑を保つ松と竹、そしてその冬に花を咲かせる梅」と、力強さの意味があります。

七五三の準備は何を用意が必要?

衣装決め

引用元:https://pinto.style/lacne/ownedmedia/upload/template0100006778.jpg

衣装には和装と洋装があります。前もってどちらにするかを決めておき、予約をしておきましょう。直前になると気に入ったものがあっても先に予約が入っているかもしれないので3ヶ月前ぐらいには決めて予約をしておくといいです。

着付け、ヘアメイクの予約、小物の準備

事前に予約をして当日にそなえましょう。ある程度のイメージを決めておくとスムーズに終わるかもしれません。

参拝する神社を決める

引用元:http://www.gokigan.jp/img/753/753pic1.jpg?elx_nc=1

訪れる人が多い神社だと祈祷の予約をいれておかなければいけないところもあります。事前に何処の神社に参拝するかを決めておき、下調べをしておきましょう。

写真撮影の予約

引用元:https://ho-hock.jp/wp-content/uploads/2017/09/001.jpg

せっかくのこどもの晴れ着姿は記念に写真に残しておきたいですよね。当日だとばたばたしてしまうかもしれないと思う方は事前に前撮りをしておきましょう。

【まとめ】

引用元 :
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/wp-content/uploads/sites/2/2017/10/shichigosan02_main.jpg

七五三は子供は楽しみにしていますね。衣装や写真撮影やメイクなど楽しみながら七五三に行くこともいいですね。
スポンサーリンク